三重県菰野町で実証実験がはじまりました

2016.02.01

株式会社リクルートホールディングス
メディアテクノロジーラボ
あいあい自動車

このたび、三重県菰野町で、試験運用として、あいあい自動車を導入していただくこととなりました。弊社としても、この実験を通じて、地域の高齢者の皆様の外出機会を増やすとともに、地域の結びつきを強め、地域包括ケアの推進のサポートをさせていただければ幸いと存じております。

◼︎ 本サービスの概要

本サービスでは、弊社から車両とタブレットを地域にお貸し出しし、道路運送法78条に基づく自家用有償旅客運送の制度に則り、地域住民間での送迎を行っていただくことを想定しております。

(仕組み)
・ 高齢者は、送迎をしていただいた時に、運賃をお支払いいただき、そのお金で、車両とシステムのレンタル費用を賄います。

・ 運転者は、高齢者の送迎に協力する代わりに、車両をカーシェアリングにより、自由に使うことができるようになります。

・ 両者のマッチングは、タブレットを通じて行います。また、同時にタブレットでは、高齢者同士のマッチングも行い、同じ日時に同じ方向に行きたい人同士で、タクシーに割り勘で乗車できるようにしております。

実際の運行主体は、地域の団体・法人などとなり、弊社は、それらの法人・団体の皆様が住民間での送迎を円滑に実施できるよう、システムによるサポートを提供いたします。

◼︎ 本サービスの意義

・在宅生活の臨界点を上げる移動サービス
住み慣れた地域で在宅生活を継続するには、病院やスーパーなど、生活に必要な場所にアクセスすることが必要になります。あいあい自動車を利用いただく地域の支え合いの中で、在宅生活を維持できるつながりを作っていただくことをお手伝いします。

・地域住民主体の持続可能性のあるサービス
本サービスは、地域の課題に対して、地域住民自身が動いて解決することをお手伝いします。主役は地域の住民の皆様です。タブレットを通じて、地域の困っている人を見える化するとともに、地域内で支え合うことがお互いにメリットになる仕組みを作ることで、持続可能な支えあいができるようにお手伝いします。

・地域の交通資源の有効活用
あいあい自動車では、タクシーに割り勘で乗るためのマッチングシステムも含まれています。外出の選択肢を増やすことで、地域の高齢者の皆様が、年をとっても好きなところにお出かけできる機会を増やしていくお手伝いをします。

◼︎ 目指す世界

本サービスは、地域の主役である地域の皆様の活動を支えるためのサービスです。公共の課題を地域住民の力で解決できるよう、行政や住民の皆様と連携をしながら、地域の皆様のサポートをしてまいります。

様々な公共の課題の現場には、解決して欲しいと思う方々と、解決をしなければならないという意思を持った方々がいらっしゃいます。そのような方々は、私達にとっては、顧客と事業の推進のパートナーであり、一緒に課題の解決を考えることで、新しい市場を創出し、持続可能な地域の課題解決をお手伝いできればと考えております。

これまで、いわゆる経済学的な「市場の失敗」がある領域は行政がサービスを行うということでしたが、シェアリング、フリーミアム、ITなどの様々な手法を使って、公正性とコストを両立したサービスを開発していくことを目指し、公共の課題を共に解決できるように努力していければと存じております。

このようなマーケットを開拓していく中で、私達民間企業だけではできることに限界があるため、自治体や官公庁の皆様にもご協力をさせていただきながら、社会に価値のあるサービスを行うことで、成長していければと考えております。