導入方法

あいあい自動車を導入するためには、「運転手マッチング」の形式を遵守していただく必要があります。

※自治体主導で導入の場合「自家用有償旅客運送」の導入方法もございます(後述)

共同所有のイメージ
車を所有している方で、
運転してくれる人を探している
高齢者等
あいあい自動車システムで
マッチング
←
←
運転ができる方々のイメージ
運転できる方々は、
運転を依頼した人が
所有する車を運転をしてあげる

導入のポイント

運転手は、自分の車を使用することはできません。
自分の車に他人を乗せて移動させ、それに対してお金をもらうと、旅客運送となり、無許可で行うと罰せられます(いわゆる白タク行為)。
依頼する高齢者等は、自分で車を用意し、
日頃のメンテナンスも自分で行う必要があります。
自分ひとりで持っている車両、複数人で共有する車両のどちらでも使用できます。

導入の流れ

運営団体を決める

まず地域であいあい自動車を運用する、運営団体を決めていただきます。

※下記の簡単な作業のみができれば個人・団体・企業問いません。

運営団体の役割

  • やること

      利用者・運転者の獲得

      地域内で利用者・運転者を集めていただきます。

  • やること

      入会書類を送る

      集まった利用者・運転者の入会書類をまとめていただき、リクルートまでお送りください。

運営団体の役割
運営団体の役割

運営団体に対して、リクルートは、
管理システムを提供してのマッチング管理・利用者や運転者への収納代行、
システム上の入退会処理等を行いますので、

運営団体をされる方は、
上記の2つのことを出来る方は、どなたでも運営できます。

申し込む

リクルートにあいあい自動車を始めたい旨を
運営団体の方からメールまたはお電話でお申込みください。

※あいあい自動車の導入をされたい地域の方は、
下記の両方の条件をご確認の上、お申込みください。

一緒にはじめる仲間の募集

あいあい自動車を地域で始めたい方は、まず、ご近所で一緒にやってくださる方を探してください。
運転手5名程度、利用者10名程度がいればすぐに始めることができます。

2利用者の方の車の確認

運転手マッチングの場合、車を持っている高齢者等の方への運転サービスの提供のみが対象になります。運転する人の所有する車を用いて運転サービスを提供していただくことは出来ません。高齢者等の方がお持ちのお車があるかどうか、ご確認ください。

お車をお持ちではない高齢者等の方は、車をお持ちいただくことで、ご利用いただけるようになります。複数人と共有して頂くことでも差支えありません。

※共同所有の詳細や、その他お車の事に関してご不明点があれば、お気軽にお問い合わせください。

お車の共同所有について

システムをお渡しし、運行開始

条件がそろい、手続きが終了すれば、システムをお渡しし運行開始となります。

開始のイメージ

リクルートが収納代行することも可能ですので、必ずしも運営団体の皆様に集金いただくことはございません。

実際の料金は地域によってお見積りいたします。お気軽にご相談ください。

自家用有償旅客運送での導入

道路運送法が特例として定める「自家用有償旅客運送」の以下の制度を用いて導入していただくことも可能です。

●市町村有償運送(交通空白運送)・・市町村が運営
●公共交通空白地有償運送・・民間が運営(非営利法人のみ、営利法人は不可)

実施要件

・地域公共交通会議を開催し、運行エリアとなる「交通空白地域」を定めていただき、行政・住民・交通事業者の3者が合意することが必要となります。
・その後、市町村から陸運支局(権限移譲されている場合は市町村自身)への申請をしていただき、「登録」をしていただきます。

詳細は、国土交通省のWEBサイトを御覧ください

・自家用有償旅客運送について
・自家用有償旅客運送に関する通達について

高齢者等の方へのご家族のサポート

あいあい自動車では、離れて暮らしているご家族が高齢者等の方をサポートすることもできます。
ご両親に元気でいてほしいが、なかなか何をしていいかわからない‥
そんな時はあいあい自動車でご両親の充実した生活をサポートしてあげるのはいかかでしょう。

予約サポート
タブレットでの予約をご家族の方がサポートしてあげることもできます。
パソコンでできるので、一緒に住まれていなくても遠隔で予約のお手伝いをしてあげることができます。
乗車チケットのプレゼント
ご両親が料金を気にすることなく、またせっかくもらったチケットなんだから外出しようと、外出の機会が増えます。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください